DONERA - bli månadsgivare (Paypal) - SWISH: 072 203 63 74

Apg29.Nu

Language Apostlagärningarna fortsätter i vår tid!

不要なものが望まれるようになりました-パート2

初期のバプテストペンテコスタルレター150。

ChristerÅberg。

ChristerÅberg。

たとえば彼のブログサイトwww.apg29.nuで、ChristerÅbergが今日活動しているのを見ると、彼の知性と神学的な鋭さは、彼が救いを経験する前は深い拒絶によって特徴付けられていたことを理解するのはほとんど理解できません。 


Av Sigvard Svärd
torsdag 7 januari 2021 16:52

バプテストペンテコスタルレター150から

不要なものが望まれるようになりました-パート2

ChristerÅbergの本「TheUnwanted」からの引用を含む2番目の情報レターでは、テーマはChristerの水中でのバプテスマと聖霊でのバプテスマです。この本の最初の章は「TheDarkness」と呼ばれ、次のように始まります(11ページ)。ですから、17.5歳という人々の望まない人生の真っ只中に人生を終わらせるしかないのです。」

暗い考えの背後に、とりわけケアの配置といくつかのいじめっ子を育てます。この本の85ページで、Christerは次のように書いています。「実際、私は笑いに近い幸せな子供でした。私の養母は、私が大人の頃、痴呆になる前に、私が初めて田舎に来たとき、私がみんなを率いて笑ったと言っていました。しかし、私が家で、学校で、そして私の自由な時間に経験するであろうすべての窒息と鬱病のために、私は幸せな子供であることになりませんでした。私の不安は私を通してあまりにもはっきりと輝いていました。」

たとえば彼のブログサイトwww.apg29.nuで、ChristerÅbergが今日活動しているのを見ると、彼の知性と神学的な鋭さは、彼が救いを経験する前は深い拒絶によって特徴付けられていたことを理解するのはほとんど理解できません。彼自身の空手訓練と他の人の訓練は、すべての屈辱において彼をある程度助けました。

水と精神のバプテスマ

しかし今、救いの道、つまり水中でのバプテスマと聖霊でのバプテスマの継続へ。142〜145ページからの引用:

「私はバプテスマについて聖書を読んだことがあります。私は父と子と聖霊の名においてキリストにバプテスマを授ける必要があることに気づきました。私はそれについてあまり知りませんでしたが、「バプテスマを受ける必要があります!」という何かが私の中にありました。の考え。しかし、今はイエスを信じているので、バプテスマを受ける必要があることを理解していませんでした。その日曜日の夜、バプテスマを受けることになっていたルジュンビーペンテコスタル教会で私はとても緊張しました。私が救われてから数ヶ月後の1月でした。外の駐車場はたくさんの車でいっぱいで、教会の中は人でいっぱいでした。教会のホール全体が満員で、パルプの中にさえありました。バプテスマを受けるのは私と10歳の少年でした。

私たちは今、キリスト・イエスにおいて純粋になったことを象徴する白い服を着ていました。白い服を着る必要はありません。それは普通の服によく合います、しかしそれは彼らがその教会でしていたことです。教会ホール前のステージの床下に隠された小さなプールでバプテスマを受けました。彼らは床のカバーを外し、バプテスマのフォントと呼ばれる水でプールを満たしました。それは、人が自分の古い人生をキリストと共に埋め、キリストの中で新しい人生を生み出すことを象徴しています。

その少年は最初、彼の父である青年牧師から洗礼を受けました。それから私は小さな階段で水に降りました。ジョニーは水に立って私を迎えました。バプテスマの直前、みんなが私を見つめているのを見ました。なぜそんなに見ているのだろうと思ったのですが、誰かがイエスに従い、彼の名でバプテスマを受けることを決心したときはいつもそうであるように、今起こっていることは素晴らしく驚くべき奇跡であることに気づきました。青年牧師は私に大声ではっきりと言ったので、誰もが聞くことができます。「私の主人の命令とあなた自身の告白で、私はあなたを父と子と聖霊の名においてキリストにバプテスマを授けます!」包まれた後、彼は私を再び折りたたんで、すべての水が散らばった流れで流れた。そして今、私は新約聖書が教え、語っている聖書の方法でバプテスマを受けました…

会議(後で、私のメモ)で、私は年配の女性が別の言語で祈るのを聞いた。彼女は部屋の後ろに座っていたので、それが誰であるかはわかりませんでした…それで、今日、誰が別の言語で祈ったのかわかりません。彼女がなぜスウェーデン語で祈らなかったのか理解できませんでした。フィンランド人のように聞こえたので、おそらく彼女はフィンランド出身だと思いました。後で私は彼女が彼女の舌を噛んだことを理解するでしょう。聖書は、悔い改めてバプテスマを授けられたとき、聖霊を贈り物として受け取るべきだと教えています。それはあなたが舌で話すことができるときです。舌を話すことは神への祈りの言葉です。聖霊を贈り物として受け取ることは、霊のバプテスマとも呼ばれます。そして今、私は聖霊の中でバプテスマを受け、舌で話したいと思いました。でもどうなるかわからなかった…それから、入り口のペンテコスタル教会の書店で見つけた「霊の新生活」という本を買いました。

彼はその本に聖霊が与えられていると書いた。イエスは、ほぼ2、000年前のペンテコストの日に聖霊を遣わされました。そして今、彼は贈り物だったので、信仰をもって彼を受け入れるだけでした。あなたは常に贈り物を受け取ります、さもなければあなたは贈り物を受け取りません。彼は、最初にあなたが聖霊を受け、次にあなたが口を開いて舌で話し始めると書いた。やってみることにしました。家のアパートでは、当時祈っていたときと同じように、ベッドのそばにひざまずきました。それで私は信仰をもって聖霊を受け、神に感謝し、口を開き、舌で話し始めました。機能した!その瞬間から、私は聖霊のバプテスマを受け、言葉で話すことができました。さて、暫定的な措置を講じて、私はイエス・キリストに従うことへの信仰の歩みを始めました。」


Publicerades torsdag 7 januari 2021 16:52:12 +0100 i kategorin Gästblogg och i ämnena:

ANNONS:Salvation

Rekommenderas

Stor intervju med Christer Åberg i tidningen Världen idag. "Gud bar Christer efter höggravida fruns död." Både text och video!


Nyhetsbrevet - prenumerera gratis!


Senaste live på Youtube


Direkt med Christer Åberg - Apg29.Nu


Dagens datum

V 02, söndag 17 januari 2021 kl 04:12

Dagens namn

Anton, Tony

Dagens bibelord

“[Köttets gärningar och Andens frukt] Vad jag vill säga är detta: vandra i Anden, så gör ni inte vad köttet begär.” (Galatians 5:16)

Dagens bön

Fader möt var och en idag och omslut dem på alla sidor. Möt också Anton och Tony. Tack för din stora kärlek och nåd som du har visat oss genom din Son Jesus kristus. Amen.


「神はそう滅びることなく、永遠のいのちを持つべきで、彼を信じる一人一人に、彼は彼のひとり子[イエス]を与えになったほどに、世を愛され。」 -午前3時16分

「しかし、できるだけ多くの  受信  [イエス]彼を、彼らに彼は彼の名を信じている彼らに、神の子となる権利を与えました。」 -ジョン1時12

「あなたはイエスが主であることをあなたの口で告白し、神が死人の中から彼を調達することをあなたの心を信じるならば、あなたが保存されること。」 -ローマ10:9

保存された取得すると、すべてのあなたの罪は赦されますしたいですか?この祈りを祈ります:

- イエスは、私は今あなたを受け取り、主としてあなたを告白します。私は、神が死人の中からあなたを上げると信じています。私は今、保存されていますことをありがとうございます。あなたは私を許していることをありがとう、私は今、神の子だということをお願いします。アーメン。

あなたは上記の祈りでイエスを受けましたか?


Senaste bönämnet på Bönesidan

lördag 16 januari 2021 22:56
Fortsätt be för min man med prostatacancer Väntar väntar väntar Herre på bönesvar Be med mig, ber jag till någon eller några som känner de skall be med mig Jesus hör oss🙏

Senaste kommentarer


Aktuella artiklar



STÖD APG29
SWISH: 072 203 63 74
DONERA till Apg29 - bli månadsgivare
BANKKONTO: 8150-5, 934 343 720-9
IBAN/BIC: SE7980000815059343437209 SWEDSESS

Mer info hur du kan stödja finner du här!

KONTAKT:
christer@apg29.nu
072-203 63 74

Wikipedia om Christer Åberg

↑ Upp